FTPアクセス制限

Webコンテンツを不正なアクセスから防御

昨今急増しているWebサイトの改ざんの原因はFTPアカウント情報漏えいによる不正アクセスが多数を占めています。FTPアクセス制限を活用すれば、よりセキュアな環境が構築できます。

通常FTP接続は、FTP接続のユーザー名とパスワードが一致すれば利用可能となるため、ユーザー名とパスワードが第三者に漏えいしてしまうと、それだけで不正アクセス、Webサイトの改ざんにつながる危険が伴います。

FTPでの接続を特定の接続元IPアドレスで制限をかけられますので、たとえば社内環境からやWEB制作会社からのIPアドレスのみアクセスを許可、その他のアクセスをすべて拒否、などといった設定が可能です。



FTPアクセス制限で許可する接続元IPを登録した時のイメージ図

万が一FTPアカウントをガンブラーなどのマルウェア被害により 流出してしまってもアクセス拒否により、WEBサイト改ざんの被害から守ることができます。 FTPアクセス制限をかけ、未然に防ぐ対策をされることを強く推奨いたします。

設定方法

コントロールパネルから設定可能です。

ご利用料金

月額料金に含む

機能スペック

  ・ FTPアカウント毎に接続許可IPアドレスを最大5つまで設定可能。
  ・ セキュリティ上、ワイルドカードや範囲指定による登録は行えません
このページのTOPに戻る